SBI VCトレードを使いたいと思った時に、参考にしたいのが実際に利用している方の評判や口コミではないでしょうか。

「利用する上での注意点やデメリットはないのかな?」

「取り扱っている通貨は何種類あるのだろう?」

など、気になることは多くあると思います。

本記事ではSBI VCトレードを利用している方の評判や口コミを中心に、メリットやデメリット、口座開設方法まで詳しく解説していきます。

最後まで読めば、SBI VCトレードで取引をする上での様々な疑問が解消され、安心して取引を始めることができるようになりますよ!

SBI VCトレードの公式サイトはこちら⇒

SBI VCトレードの取引所の評判・口コミは?SBI VCトレードで投資中の人の声を紹介

SBI VCトレードを実際に使っている方がどのような評価をしているのか、多かった口コミをまとめてみました。

普段SBIの他サービスを利用しているので、インターフェースなどが見慣れたデザインで使いやすいです。

仮想通貨をこれから始めようと思っていますが、住信SBIに口座を持っているのでとりあえずここで始めてみようと思います。

住信SBIの口座があれば、入出金手数料も安いのでSBI VCを選びました。

住信SBIネット銀行の口座を持っている方が、口座開設しているケースが多いようです。

様々な金融サービスを提供しているSBIグループが運営しているという点に安心感がある、使いやすいと感じるユーザーが多いのではないでしょうか。

いつのまにか取引通貨にLINKとDOTが追加されていました。

普段使っている取引所なので選択肢が増えるのは嬉しいです。

取り扱い通貨が増えるのは嬉しいですが、LINKと DOTの板取引が過疎っていて活気がないです。

将来性が高い銘柄が売買できるので、SBIVCを使ってみようと思います。

他の国内取引所では購入できない取引銘柄があるという点にメリットを感じるという意見が多くありました。

今後の取扱銘柄の拡大にも期待ができます。

一方で、まだ歴史が浅いため取引に参加するユーザーが少なく、不便さを感じるという声もありました。

セキュリティを重視していることはわかるのですが、出庫の手続きがやや面倒です。

入出庫手続きに時間がかかるので不便を感じています。

XRPのメリットがあまり活かされていないように思います。

株主優待のXRP入っていましたが、すぐ出庫できないのが不便すぎます。

SBI VCトレードでは他取引所のように仮想通貨を自由に出庫することができず、所定の手続きが必要です。

特に、低コスト・高スピードで送金を行えるというXRPなどがキャンペーンで付与されても、SBI VCトレード以外では使いづらい状態になっているため、あまり意味がないのではないかという意見が目立ちました。

SBI VCトレードの公式サイトはこちら⇒

SBI VCトレードの取引所の強み・メリット6選

SBI VCトレードで取引をするメリット、

  • 各種手数料が安い
  • SBIグループのノウハウを活かしたセキュリティ体制
  • 取り扱う全ての通貨で板取引を行うことができる
  • 貸し暗号資産サービスが利用できる
  • 最低500円から投資可能
  • 他取引所で扱っていない通貨が売買できる

についてみていきましょう。

SBI VCトレードの取引所の強み・メリット1.各種手数料が安い

取引手数料、入金手数料、暗号資産の受け取り・送金手数料は無料です。

出勤時については日本円での出金は住信SBIネット銀行であれば無料、その他の金融機関の場合は145円かかります。

なお、住信SBIネット銀行経由でしか日本円での入金をすることはできませんので注意が必要です。

SBI VCトレードの取引所の強み・メリット2.SBIグループのノウハウを活かしたセキュリティ体制

仮想通貨取引で問題になることが多いセキュリティ面について、力を入れています。

サイバー攻撃や内部犯行、盗難や分別管理など、様々な面から安全性に対する対策を行っており、公式サイト上にも明示しています。

ネット証券最大手としてこれまで培ってきたノウハウを活かしたセキュリティ対策については、非常に安心できるといえるでしょう。

SBI VCトレードの取引所の強み・メリット3.取り扱う全ての通貨で板取引を行うことができる

SBI VCトレードでは、販売所形式と取引所形式(板取引)の両方を行うことができます。

国内の取引所では、スプレッドが広く取引コストの高い販売所形式のみを採用している業者も多いです。

SBI VCトレードでは板取引が自由に可能で、取引手数料も無料となっています。

SBI VCトレードの取引所の強み・メリット4.貸し暗号資産サービスが利用できる

保有しているビットコインをSBI VCトレードに貸し出すことで利息を受け取ることができるレンディングサービスを行っています。

現在ビットコインは価格も高値で推移しており、受け取れる利息も1%以上となっていますので、一度は使ってみたい機能です。

SBI VCトレードの取引所の強み・メリット5.最低500円から投資可能

SBI VCトレードでは、各通貨最低500円から投資可能です。

手元資金が少額しかない場合でも、様々な通貨へ投資をすることができます。

SBI VCトレードの取引所の強み・メリット6.他取引所で扱っていない通貨が売買できる

LINK(チェーンリンク) とDOT(ポルカドット)を扱っているのは、日本国内の取引所でSBI VCトレードのみです。

両通貨ともに、世界の時価総額でTOP20に入る将来性のある通貨ですので、これらに投資できるというのは大きなメリットだと言えるでしょう。

SBI VCトレードの公式サイトはこちら⇒

SBI VCトレードの取引所の注意点・デメリット4選

SBI VCトレードで取引をするデメリット、

  • 取扱銘柄が少ない
  • レバレッジ取引ができない
  • 毎日午前6〜7時にメンテナンスがある
  • 暗号資産の出庫にハードウェアウォレットが必要

についてもみていきましょう。

SBI VCトレードの取引所の注意点・デメリット1.取扱銘柄が少ない

国内の他取引所では10種類以上の通貨を扱うところが多くなってきています。

取扱通貨数7種類というのはやや少なく、1つの取引所で幅広く投資をしたい方には向きません。

SBI VCトレードの取引所の注意点・デメリット2.レバレッジ取引ができない

SBI VCトレードでは、現物取引のみとなっていますのでレバレッジ取引ができません。

少額の元金で大きな利益を狙う、ダイナミックな取引をしたい方は他の取引所を併用するのがおすすめです。

※レバレッジ取引とは・・・保有資金を証拠金として口座に預け、それを担保に証拠金の何倍もの金額で売買ができる取引方法のことを言います。

SBI VCトレードの取引所の注意点・デメリット3.毎日午前6〜7時にメンテナンスがある

毎日メンテナンスを実施しているため、この時間内は入出金や売買ができなくなります。

1時間のみですが気になるかたは、ポジションは日をまたいで持ち越さないようにしましょう。

SBI VCトレードの取引所の注意点・デメリット4.暗号資産の出庫にハードウェアウォレットが必要

SBI VCトレード内で購入した仮想通貨を他取引所に送金したい場合には、「Cool X Wallet」というハードウェアウォレットが必要です。

利用するには別途申し込みが必要となり、有償となります。

セキュリティ対策を重視している証拠だと言えますが、他取引所も含めて売買を頻繁に行っている人にとってはやや手間がかかる方法だといえるでしょう。

SBI VCトレードで購入できる仮想通貨一覧

SBI VCトレードで購入できる仮想通貨は以下の7種類です。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LINK(チェーンリンク)
  • DOT(ポルカドット)

2021年9月からLINK(チェーンリンク) とDOT(ポルカドット)を日本国内の取引所で初めて取り扱うようになりました。

現在価格が高騰しているBTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)といった主要通貨も取り扱っています。

SBI VCトレードの公式サイトはこちら⇒

SBI VCトレードで口座開設するステップをキャプチャ付きで紹介

SBI VCトレードでの口座開設方法について、順番に説明していきます。

始めにメールアドレスの登録です。

スマホアプリ「SBI VC Trade」をダウンロードし、ホーム画面の「新規登録」を押します。

登録するメールアドレスを入力し「アカウント作成」を押します。

登録したメールアドレスに確認メールが届きますので真ん中のボタンを押してください。

任意のパスワードを入力します。

次にユーザー情報の登録です。

先ほど登録したメールアドレスとパスワードでログインをします。

書面への同意・住所・氏名・電話番号・職業などの基本情報を入力して順に進んでいき「入力内容の確認」「登録する」と進みます。

最後に本人確認書類の登録です。

画面の指示に従って、本人確認証明書類の提出を行ってください。

その後審査が完了するとメールが届き、登録完了となります。

SBI VCトレードの公式サイトはこちら⇒

SBI VCトレードは住信SBIネット銀行の口座を持っている人や少額で様々な通貨に投資をしたい人におすすめ!

SBIVCトレードでは住信SBIネット銀行の口座をすでに持っている方であれば、口座開設や入出金といった手続きを少ないコストでスムーズに進めることができます。

また、SBI VCトレードには他で扱っていない通貨があり、少額から投資することができます。

そのため、他取引所で既に仮想通貨を保有している方がサブ口座として使用する、初心者の方が少しずつ色々な通貨をお試し感覚で購入するといった使い方がおすすめです。

SBI VCトレードの運営会社情報

SBI VCトレード株式会社はSBIグループ100%出資の子会社です。

2017年に暗号資産交換事業者として登録を受けています。

SBI VCトレード株式会社の会社概要

SBI VCトレード株式会社の詳細情報は以下の通りです。

運営会社

SBI VCトレード株式会社

設立年

2016年11月1日

金融庁登録番号

関東財務局長第00005号

最小取引単位

0.001BTC

取引ツール

ブラウザ・ネットアプリ

まとめ

SBI VCトレードの口コミや評判、口座開設方法なども含めて詳しく解説してきました。

セキュリティ面で安心できる体制が整っており、レンディングサービスや板取引ができることなど、ワンストップで様々な機能を使えるというのが魅力の取引所です。

仮想通貨市場が空前の盛り上がりを見せている今こそ、SBI VCトレードで口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

SBI VCトレードの公式サイトはこちら⇒