「ポケットファンディングに投資しようか悩んでいるけど、実際に儲かるのかな?」

「ポケットファンディングを利用する際の注意点などあれば知りたい。」

これから不動産クラウドファンディングを始めるにあたってポケットファンディングを利用しようか検討している場合、どんな評判や注意点があるのか気になる人も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、ポケットファンディングの評判や口コミ、ならびに平均利回りやメリット・デメリットなどを解説します。

この記事を最後まで読むことで、元本割れのリスクや平均利回りなどが理解できるので、ぜひ参考にしてください。

ポケットファンディングの公式サイトはこちら⇒

ポケットファンディングに関する評判・口コミを紹介

ポケットファンディングに関する評判や口コミは多くあるので、一部を紹介します。

ポケットファンディングで少額投資を行っていますが、今のところは損失を出していません。

無事に分配金をゲットできていても毎月1,000円ほどの収入ですが、それでもコツコツ貯金できている感じがしていて楽しいです。

今日沖縄からマンゴーが届きました。

面白いキャンペーン目当てで始めましたが、分配金まで手に入る上に沖縄産の食べ物や果物が手に入るのはとても嬉しいです。

サービス開始当初から運用していますが、未だに損失が出ていません。

友人から止めた方が良いと言われましたが、止める理由がないので続けていたら利益を出し続けています。

こんなに安心して投資できるのはありがたいですね。

ポケットファンディングの公式サイトはこちら⇒

ポケットファンディングの過去のファンド実績は?元本割れになってしまったことはある?

今回の記事を執筆した段階でのポケットファンディングのファンド数は、累計510件です。

その中でも過去に元本割れになったことがあるのか気になりますが、実際に元本割れになったことは1度もありません。

これまで元本割れになったことがないので、安心して利用できると言えるでしょう。

ポケットファンディングの平均利回りは4%~6%!

ポケットファンディングの平均利回りは4%~6%となっています。

ポケットファンディングで投資できるファンドは基本的に4%~6%の利回りの案件が多いですが、高ければ7%~9%の案件もあるでしょう。

不動産クラウドファンディングの利回り相場は4%となっているので、平均より利回りはそこまで高くないと言えます。

ポケットファンディングの不動産クラウドファンディングの3つの特徴・メリット

ポケットファンディングの不動産クラウドファンディングの特徴やメリットは、以下の3つです。

  • 少額投資ができる
  • 担保や保証が設定されている
  • 元本割れを起こしたことがない

それでは、以上のメリットについて説明しましょう。

ポケットファンディングのメリット1.少額投資ができる

ポケットファンディングは少額投資ができるメリットがあります。

ポケットファンディングでは1口1万円から投資することができるので、初めて投資を行う初心者におすすめです。

資金量に応じて1,000円単位で細かく投資金額を設定することもできるため、大損するようなことがありません。

他のクラウドファンディングだと1万円以上か1万円単位で投資しなければならないのが一般的なので、細かく値段設定ができて少額から投資できるのは大きなメリットです。

ポケットファンディングのメリット2.担保や保証が設定されている

ポケットファンディングでは担保、あるいは担保と保証の両方が設定されています。

貸付金額は最大でも担保評価額の70%以内に抑えられていることから、万が一損失を出したとしても担保を売却することでほとんど損失を取り戻すことが可能です。

担保と保証の設定によって安心できる投資ができるのはあまりないので、初心者から上級者までおすすめです。

ポケットファンディングのメリット3.元本割れを起こしたことがない

ポケットファンディングは運営を開始してから今まで一度も元本割れを起こしたことがありません。

投資家において元本割れだけは可能な限り避けたいので元本割れのリスクがないか調べる必要性がありますが、ポケットファンディングはその必要性がないのがポイントです。

ポケットファンディングの公式サイトはこちら⇒

ポケットファンディングの不動産クラウドファンディングの3の注意点・デメリット

ポケットファンディングの不動産クラウドファンディングの注意点やデメリットは、以下の3つです。

  • 元本を保証してくれるわけではない
  • 途中解約ができない
  • 運用実績が少ない

それでは、以上の注意点やデメリットについて説明しましょう。

ポケットファンディングのデメリット1.元本を保証してくれるわけではない

ポケットファンディングはこれまでに元本割れを起こしたこともなければ担保や保証も設定されていますが、元本を保証してくれるわけではありません。

何が起きても元本を保証してくれることはないので、どんな投資も必ずリスクがあることを覚えておきましょう。

ポケットファンディングのデメリット2.途中解約ができない

もしもポケットファンディングを解約して資金を現金に戻してほしいと思っていても、途中解約を行うのは不可能です。

会社に資金を貸し付けている状態では、急に現金が必要になったとしても出資者の都合で途中解約することはできません。

あくまで投資は生活に支障がでない範囲内で行うのがおすすめです。

ポケットファンディングのデメリット3.運用実績が少ない

ポケットファンディングは平成24年に運営を開始したばかりなので、他のクラウドファンディングと比べるとまだまだ実績が足りないと言えます。

ただ、だからといって信頼できないというわけではないため、他のクラウドファンディングと比較して投資するのか決めるのがおすすめです。

ポケットファンディングに会員登録する手順を紹介

ポケットファンディングに会員登録する手順は、以下の通りです。

  1. 公式サイトであるポケットファンディングにアクセスする
  2. 画面左上のメニューボタンをクリックする
  3. 「新規口座開設」をクリックする
  4. 表示される会員登録における注意点を一通り確認して一番下の「仮会員登録へ」をクリックする
  5. 口座タイプ、PocketID、メールアドレス、パスワード、秘密の質問を入力する
  6. 必要情報を入力し、ページ下部の「利用規約・プライバシー」にチェックを入れて「確認画面へ」をクリックする
  7. 入力内容を確認して「登録する」をクリックする
  8. 入力したメールアドレス宛てにメールが届くので、本文中のURLをクリックする
  9. 先ほど登録したIDとパスワードを入力し、「ログイン」をタップする
  10. お客様情報の未確認をクリックする
  11. 氏名、フリガナ、性別、郵便番号、住所、生年月日、携帯電話番号、職業を入力して確認画面に行き、「登録する」をタップする
  12. 出金先金融機関の未確認をクリックする
  13. 銀行名、支店名、預金種別、口座番号を入力して出金先金融機関登録をクリックする
  14. 本人確認書類の未確認をクリックする
  15. 本人確認書類の写真を撮影してアップロードするか郵送のどちらかを選んで提出する
  16. 申請が完了すると審査が行われ、終了次第ハガキが送られる

以上の手順で会員登録を行うことができます。

ハガキを受け取らないと正式にログインできないので、ハガキを受け取るまで利用を待ちましょう。

ポケットファンディングの公式サイトはこちら⇒

ポケットファンディングに会員登録したあと、実際にファンドに申し込む手順を解説

ポケットファンディングに会員登録した後に、実際にファンドに申し込む手順は、以下の通りです。

  1. 投資用の口座にお金を入金する
  2. 入金用の口座に入金して投資用の口座に資金が移動するのを確認する
  3. ファンドを選んで投資額を入力して申し込む

基本的に以上の手順でファンドに申し込むことができます。

ポケットファンディングの運営会社「ソーシャルバンクZAIZEN株式会社」の会社情報

ポケットファンディングはソーシャルレンディングのプラットフォームであり、沖縄の不動産に関するファンドを多く取り扱っているのが特徴です。

ポケットファンディングの会社情報は、以下の通りです。

会社名 ソーシャルバンクZAIZEN株式会社
設立日 平成24年3月1日
所在地 沖縄県浦添市仲西3-15-5 財全GROUP・BLD
連絡先 098-988-8914
資本金 3億4495万円
従業員 5名
事業内容 第二種金融商品取引業

ポケットファンディングの運営管理

役員構成 代表取締役 松森 敦

取締役 立津 政憲

取締役 浦崎 直壮

取引銀行 みずほ銀行 那覇支店

まとめ

ポケットファンディングは今まで一度も元本割れを起こしたことがないため、現時点では信頼できるクラウドファンディングだと言えるでしょう。

少額投資ができるので初心者にもおすすめですし、担保や保証も設定されているので安心して投資できるのが大きなポイントです。

ただ、平均利回りはあまり高くないので、平均利回りを重視する人には向いていないかもしれません。

安定と信頼という点では安心できると判断できるため、他のクラウドファンディングと比較して決める必要性があるでしょう。

ポケットファンディングの公式サイトはこちら⇒