Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)とは2014年にQUOINE株式会社が設立した仮想通貨取引所です。

日本国内有数の取引高を誇る取引所で、金融庁から認可を受けており、非常に高い評価を受けています。

しかし取引を始めるにあたっては、

「仮想通貨の取引はセキュリティ面が不安だ・・・」

「入出金のスピードはどの位くらいなんだろう・・」

「実際は使いやすいのだろうか・・」

といった不安をお持ちの方も多いはずです。

今回の記事を読んでいただければ、Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)を実際に利用して感じたメリット・デメリットを把握することができ、安心して取引を行うことができるようになります。

Liquidの公式サイトはこちら⇨

Liquidの取引所の評判・口コミは?Liquidで投資中の人の声を紹介

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)を実際に使っている方がどのような評価をしているのか、多かった口コミをまとめてみました。

QASHを扱っていることだけではなく、セキュリティが強固ということがLiquidを利用している理由です。

セキュリティの重要性を最重要課題にしているLiquidは長期的に見てとても信頼がおける取引所だと実感しました。

システムが少し使い出づらい部分もありますが、セキュリティ面では非常に安心して取引をすることができています。

公式サイト上にも記載がある通り、Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)は顧客の資産を100%コールドウォレットで管理している国内唯一の取引所です。

仮想通貨取引を行う上では、ハッキング対策などのセキュリティ体制が重要ですので、このような独自の対策が取られていることが安心につながっているという声も多いようです。

※コールドウォレットとは・・・「コールド・ストレージ」とも呼ばれるセキュリティレベルが最も高い仮想通貨の保管方法のことです。

仮想通貨の財布の役割を果たすウォレットをインターネットから完全に切り離した場所に保管することでハッキングなどの不正アクセスによって仮想通貨が盗まれる危険性を大幅に下げることができます。

ネットワークに繋がれたままの財布はホットウォレットと言います。

他の取引所ではこれらの方法を併用しているところが多いです。

他取引所と比べても取り扱い通貨数は少ないですが、スプレッドが狭く使いやすいです。

現物取引ならLiquid一択ですね。

Liquidのスプレッドは業界最高水準に狭く、板も厚いので取引しやすいです。

メイン口座として使っています。

ビットコインの取引手数料が無料で、スプレッドも狭いので、おすすめの取引所です。

一般的な仮想通貨取引業者ではスプレッドがかなり広く設定されていることが多く、購入した時点で、評価額が-1,000〜3,000円ほどになってしまうケースがあります。

一方Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)では、このスプレットがかなり狭いです。

特にビットコインでの取引に関しては数十円ほどしか発生しないという口コミもありましたので、少ないコストで取引を始めることができるというのがユーザーにとって非常にメリットとなっているようです。

SNSなどを調べた結果では、このスプレッドに関するクチコミが一番多くありました。

※スプレッドとは・・・暗号資産の購入価格と売却価格の差で、本来の価格に上乗せされた手数料のような物です。

出金申請したら2営業日かかるといわれましたが、実際は20分で出金が完了しました。

久々にLiquidを使いましたが、出金がとても早くなっていてびっくりしました。

3分で着金です。

入金が早いのは当たり前ですが、出金も早いのは非常に便利で画期的です。

即時出金になってだいぶ使い勝手が良くなったと思います。

独自のセキュリティシステムを使っていることもあり、以前は入出金がかなり遅く使いづらいという口コミも多かったようですが、現在はかなり改善がされておりユーザーからも高評価を受けています。

日本円の出金については、2021年8月から国内取引所において最速の出金サービスを開始すると公式発表があり、実際に2〜3分で出金ができたという口コミがありました。

また、入金については以前からクイック入金サービスを導入していました。

現在はサービス終了し、銀行振り込みのみの対応となっていますが、対応スピードはかなり早いようです。

Liquidの公式サイトはこちら⇨

Liquidの取引所の強み・メリット7選

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)で取引をするメリット、

  • 日本の金融庁の登録を受けている
  • 万全のセキュリティ体制
  • 独自トークン(QASH)を取引可能
  • サポートが充実している
  • 業界最小水準のスプレッド
  • 各種手数料が安い
  • アルトコイン含めた暗号資産で仮想通貨が購入可能

についてみていきましょう。

Liquidの取引所の強み・メリット1.日本の金融庁の登録を受けている

暗号資産交換業者の登録認可を受けており、日本の金融庁から正式に認められた仮想通貨取引所となっています。

実は、現在暗号資産の取引高で上位に名を連ねるバイナンスやBybitといった業者は、認可を受けていません。

認可を受けるためには審査や規制機関による監督を受ける必要があるため、信頼性が高いことの証明となっています。

Liquidの取引所の強み・メリット2.万全のセキュリティ体制

100%コールドウォレットで顧客の資産管理を行っているだけではなく、厳格な2段階認証の設定など、顧客の安全とセキュリティを最優先事項として掲げ、様々なセキュリティ対策を実施しています。

Liquidの取引所の強み・メリット3.独自トークン(QASH)を取引可能

独自の暗号資産としてQASH(キャッシュ)を発行しています。

QASHを購入すると、今後値上がりした際に期待できるだけではなく、Liquidで現物取引を行う際の手数料が半額になるというメリットもあります。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン) はQASHを取引できる唯一の取引所です。

Liquidの取引所の強み・メリット4.サポートが充実している

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)はヘルプページが非常に充実しています。

大抵のことは自分自身で調べて解決可能かと思いますが、万が一不明点が解消できない場合にはお問い合わせフォームからリクエストを送信することができます。

なお、問い合わせはメールでの対応のみとなっています。

Liquidの取引所の強み・メリット5.業界最小水準のスプレッド

業者が通貨を売買する販売所形式ではなく、利用者同士で仮想通貨の売買を行う取引所形式を採用しており、人気が高く流動性も高いことから業界最小水準のスプレットを実現しています。

ビットコインやイーサリアムについてはおおよそ40〜50円程度となっています。

国内の他取引所では数千円のスプレッドが発生することがほとんどです。

Liquidの取引所の強み・メリット6.各種手数料が安い

口座開設・登録は無料です。

また、入金手数料については法定通貨・暗号資産での入金ともに無料となっています。

BTC(ビットコイン)とQASH(キャッシュ)の通貨ペアについては取引手数料も無料です。

Liquidの取引所の強み・メリット7.アルトコイン含めた暗号資産で仮想通貨が購入可能

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)ではBTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)などの暗号資産で、仮想通貨の購入をすることができます。

日本円を経由することなく仮想通貨同士の交換が可能になるため、仮想通貨をメインに取引を行っているユーザーにとってはかなり手間を省くことができます。

Liquidの公式サイトはこちら⇨

Liquidの取引所の注意点・デメリット3選

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)で取引をするデメリット、

  • 取り扱っている暗号通貨の種類が少ない
  • 他取引所と比べてかけられるレバレッジが小さい
  • 日本円の出金手数料が高い

についてもみていきましょう。

Liquidの取引所の注意点・デメリット1.取り扱っている暗号通貨の種類が少ない

現在取り扱っている通貨はBTC(ビットコイン)をはじめとした5通貨のみとなっています。

国内の他取引所と比べても少ない部類に入りますが、ETH(イーサリアム),XRP(リップル)といった主要通貨は取り扱っていますので、草コインの取引を積極的に行いたい方以外は、特に問題ないでしょう。

※草コインとは・・・アルトコインの中でも時価総額が小さく、知名度も低い仮想通貨のことです。

Liquidの取引所の注意点・デメリット2.他取引所と比べてかけられるレバレッジが小さい

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)ではレバレッジ取引が可能ですが、最大証拠金の2倍までとなっています。

国内の業者としては一般的な水準となりますが、海外の取引所と比べると最大1000倍のレバレッジ を採用しているところもありますので、レバレッジをきかせたダイナミックなトレードをしたいという人には向かないと言えます。

Liquidの取引所の注意点・デメリット3.日本円の出金手数料が高い

日本円で出金を行う際は700円の手数料が発生します。国内の他業者と比べた場合、無料の取引所もあるため、高い部類に入ると言えるでしょう。

Liquidで購入できる仮想通貨一覧

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)で購入できる仮想通貨は以下の5種類です。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • QASH(キャッシュ)

コインチェックでは17種類、ビットフライヤーでは13種類扱っていることを考えると少し物足りなさを感じるかもしれませんが、初心者の方にとっては主要通貨に絞ってシンプルな取引ができるというメリットがあります。

Liquidの公式サイトはこちら⇨

Liquidで口座開設するステップをキャプチャ付きで紹介

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)での口座開設方法について、順番に説明していきます。

1.メールアドレス・パスワードの登録

公式サイトのT O P画面からメールアドレスを入力し、“無料で口座開設”を押します。

登録したメールアドレスに確認メールが届きますので、真ん中のボタンを押してください。

パスワードを設定し、次に進みます。

2.ユーザー情報の登録

ユーザー情報を登録する画面になりますので、氏名・住所・電話番号・性別・職業・年収・投資歴などを入力していきます。

※チェックボックスがいくつかありますが、基本的には全部チェックを入れます。

3.本人確認書類の登録

画面の指示に従って、本人確認証明書類のスキャンと、セルフィー(自撮り)撮影を行ってください。

その後審査が完了するとメールが届き、登録完了となります。

Liquidの公式サイトはこちら⇨

Liquidはビットコイン取引をメインで行なっている人におすすめ!

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)ではビットコインの取引手数料が無料、かつスプレッドが狭いため、取引コストを非常に低く抑えることが可能です。

ビットコインについては現状だと値動きが激しいため、短期での売買が必要な局面も多いと予想されます。

同じ1取引でもかかるコストが高ければ、柔軟に売買を行うことができず、利益を出すことが難しくなってしまうでしょう。

ビットコインの取引をメインで行なっている方で、取引回数も多い方には特におすすめの取引所です。

Liquidの運営会社情報

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)は2014年に立ち上げられたQuoinex(コインエクスチェンジ)を前身とする取引所です。

2017年に暗号資産交換事業者として第一号登録を受けています。

QUOINE株式会社の会社概要

QUOINE株式会社の詳細情報は以下の通りです。

運営会社

QUOINE株式会社

設立年

2014年11月

金融庁登録番号

関東財務局長第000002号

最小取引単位

0.0001BTC

取引ツール

ブラウザ・ネットアプリ

まとめ

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の評判について詳しくみていきましたが、他取引所と比べても多くのメリットがあり、安心してトレードができる取引所であることがわかっていただけたのではないでしょうか。

仮想通貨取引で利益を出すためには業者選びは非常に重要です。

今後に期待のLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)、一度は使ってみる価値がある取引業者です!

Liquidの公式サイトはこちら⇨