「会計ソフトを導入して省力化したいけれど、種類が多すぎて迷ってしまう!」

こんな悩みを持っている人におすすめなのが「自動仕訳ができる会計ソフト 会計王」です。

  • かんたん! なのにしっかり会計
  • お客様満足度1の会計ソフト

会計王はかんたん操作×しっかり機能×しっかりサポートの相乗効果で、導入したユーザーからも高い評価を受けています。

この記事では、会計王のメリットやデメリットから料金プランまでわかりやすく解説していきます。

会計ソフトを比較検討するヒントとして、ぜひ参考にしてください。

会計王の公式サイトはこちら⇒

会計王の評判・口コミは?実際に導入した企業の声を紹介!

はじめに会計王の評判を、実際に導入した企業の声や口コミからいくつか紹介します。

会計王の良い評判・口コミ

会計王の良い評判・口コミは以下の通りです。

銀行口座やクレジットカード支払い情報との連携が簡単で便利です。

他社ソフトにも似た機能はありますが、会計王の機能がいちばんわかりやすく、ストレスなく使えています。

いつでも試算表や決算書が取り出せるところがいいですね。

会計士が推奨するソフトは決算書が出せないので、会計王を並行して使っています。

わが社では必要に応じてキャッシュフロー計算書を随時打ち出して、定期的にキャッシュフローのチェックをしています。

入力がスムーズで、前回の内容が優先的に表示されるところが使いやすい部分です。

パソコンや経理の知識に自信がない私でも、電話などのサポート体制がしっかりしているので安心です。

会計王の悪い評判・口コミ

会計王の悪い評判・口コミは以下の通りです。

インストール型なので年度更新に少々時間が取られるのは、面倒だと感じます。

しかしその反面、過去の数値を見たい時は一目でわかるのが助かります。

データが連続性しているメリットから見れば、年度更新なども手間というほどではないかもしれません。

初心者でも簡単と聞いていたのですが、まったくの経理初心者にはむずかしかったです。 

とはいえ、実はパソコンの操作自体もままならないレベルの超初心者なので、そう考えると「まったくのパソコン初心者でも、教わりながらなんとかついていけるくらい優しいソフト」だとも言えますね!

会計王の強み・メリット3選

次に会計王の強み・メリット、

  • かんたん導入
  • フィンテック対応の仕訳・入力
  • 様々な集計機能を活用して経営力アップ

について説明します。

会計王の強み・メリット1.かんたん導入

かんたん導入と銘打つとおり、自社の業種を選べば簡単にソフトの導入ができます。

該当業種は、飲食業や建設業、小売業など基本は12業種ですが、そのなかに対応業種がない場合も、いくつかの質問に答えるだけで設定が完了できます。

ほかにも、

  • 業種別テンプレート:業種別によく使われる標準的な科目を自動設定
  • らくらくエスコート:質問に答えるだけでかんたんに新規データ作成
  • 他社製品データ取込み:他社製品で作られた会計データも取り込める
  • ダイレクトメニュー:ToDoで並ぶ直感的でわかりやすい基本画面
  • 柔軟な部門設定:複数部門のグループ化など様々な部門管理に対応

など、文字どおり「かんたん導入」しやすい機能が揃っています。

会計王の強み・メリット2.フィンテック対応の仕訳・入力

会計王は入出金や振込みなど明細の自動取り込みで、各金融機関の管理を一元化できます。

またビッグデータを活用し、AIが科目を予測・提案してくれるなど、さまざまな入力方式に対応可能です。

このように、フィンテック対応の仕訳・入力により作業の省力化が可能です。

ほかにも、

  • 簡易振替伝票入力:内容を選んで金額を入れるだけのミスが出にくい良心設計
  • 高機能な仕訳検索:過去の仕訳を検索しコピーして新しい仕訳が作れます
  • 仕訳博士:2,000件以上の事例を収録、仕訳に迷った時の強い味方

といった便利機能も搭載されています。

会計王の強み・メリット3.様々な集計機能を活用して経営力アップ

会計王を導入すれば、様々な集計機能を活用してリアルタイムに自社の状況が把握できるので、経営力アップにつながります。

たとえば貸借対照表(B/S)や損益計算書(PL)を月単位で集計してくれるので、各種残高や構成比を即座に確認できます。

ほかにも、

  • 手形の管理:手形の回収状況が確認でき発行・決済などの取引は仕訳へ転送可
  • 実績表・予定表:資金繰り科目設定と勘定科目の対応づけで資金繰りが便利に
  • 分析機能も充実:月次残高推移表から連続5期経営分析まで分析機能が充実

など様々な集計機能が経営のサポートをしてくれます。

会計王の公式サイトはこちら⇒

会計王の注意点・デメリット2選

次に会計王の注意点・デメリット、

  • インストールソフトであるところ
  • 「初心者でも大丈夫」とはいいきれない

の2つを紹介していきます。

会計王の注意点・デメリット1.インストールソフトであるところ

ソフトをインストールする形式なので、会計事務所などとリアルタイムでの連携機能については、これからの改善を期待する声もありました。

しかしその反面、クラウド会計ソフトにありがちな、ネット通信を介するスピード面の問題は会計王にはありません。

そのあたりは、作業時間がクラウド会計ソフトの3分の1くらいに短縮された、という口コミからもわかります。

会計王の注意点・デメリット2.「初心者でも大丈夫」とはいいきれない

「かんたん! なのにしっかり会計」と銘打つとおり、会計初心者でも操作できるようにマニュアルやサポートが充実しています。

一部ユーザーからは「パソコン初心者にはハードルが高い」といった声もあります。

とはいえ、パソコン操作の初心者でもなんとか操作できるのですから、それだけ親切設計ともいえます。

会計王の料金プラン・支払い方法

会計王はインストール型ソフトなので、料金形態は以下のようにシンプルです。

  • 「会計王」の購入価格は定価44,000円(税込)です。
  • 購入後にユーザー登録すれば、最大15か月の無償サポートが受けられます。
  • 無償サポート終了後は、下記2種類の有償サポート契約があります。
    バリューサポート:年間保守契約(別途個別料金)
    スポットサポート:電話のみ3回まで操作の質問可能、料金は年間5,500円(税込)
  • 美麗な専用帳票や、有償の訪問指導サービスもあります

会計王を利用するまでの流れ

会計王を利用するには、次のような流れになります。

  1. 登録から1ヶ月間の無料お試し期間。(有料サービスと同等の機能が体験できる)
  2. 無料期間中や無料期間終了後に申込み。その後、本格利用。
  3. クレジットカードなど支払情報を登録したあとで有料サービスへ移行になる。
    自動的に契約となってしまう心配はありません。

会計王の公式サイトはこちら⇒

会計王は「個人事業主、中小企業」におすすめ!

会計王は、公式サイトでも「個人・中小企業向け」とアピールしているように、便利機能がコンパクトにまとまり、操作も簡単なので個人事業主の方や中小企業におすすめです。

会計王の運営会社情報

「人のできないことをやる、人のやらないことをやる、世の中のためになることをやる」

をコンセプトに、農家向けソフトを出発点として中小企業・個人事業主・NPO法人から介護事業所まで、中小規模事業者向けにこだわった製品の開発・販売を行っているのが、「ソリマチ株式会社」です。

ソリマチ株式会社の会社概要

ソリマチ株式会社の詳細情報は以下の通りです。

会社名

ソリマチ株式会社

 

上場

(未上場)

 

従業員数

国内205名、海外100名

記事執筆2021年11月・当社HPより

本社所在地

新潟県長岡市表町1丁目4番地24(東京にも本社あり)

国内に12拠点、海外に1拠点 国内外に4の子会社

売上高

(非公表)

2021年6月期 官報掲載情報

純利益(▲損失)

1,689万円

2021年6月期 官報掲載情報

利益剰余金(▲損失)

56億1,406万円

2021年6月期 官報掲載情報

まとめ

今回は会計王とは、そして評判や口コミ、メリット・デメリットまでわかりやすく解説してきました。

  • かんたん操作×しっかり機能×しっかりサポートでユーザーから高評価
  • 業種別テンプレート、MoneyLinkなど特徴的な便利機能
  • 会計作業をするだけで、自動連携で経営指標が見える化できる

このように、経理初心者でも操作できる会計王は、公式HPにもあるように個人事業主や中小企業などに最適です。

クラウド型会計ソフトにはないメリットを備えた会計王を、効率化のため導入検討するときに、この記事が参考になれば幸いです。

会計王の公式サイトはこちら⇒