「Fantas Fundingってどんな物件があるの?」

「Fantas Fundingに投資してみたいけど、どんなリスクがあるのか知りたい」

これから不動産クラウドファンディングを始めるにあたっておすすめなのが、Fantas Fundingです。

Fantas Fundingにはリスクやデメリットがあるとはいえ、それ以上に魅力的な特徴があります。

リスクやデメリットを踏まえた上で、どんな特徴があるのか知ることが大切です。

それでは、Fantas Fundingの特徴やリスク、デメリットについて解説しましょう。

Fantas Fundingの公式サイトはこちら⇒

Fantas Fundingに関する評判・口コミを紹介

Fantas Fundingに関する評判や口コミは多くあるので、一部を紹介します。

Fantas Fundingの案件は久しぶりなので、ようやく応募できますね!

抽選式になっているので早めに応募しないと……!

Fantas Fundingで案件が応募されましたが、1分と経たずに完売されてましたね……。

優先出資権がないと確実に申し込むのは難しそうです。

Fantas Fundingの案件は1時間と経たずに終了するのが当たり前になってきました。

早めに申し込まないとすぐに募集が終わるので、クリック合戦は必死ですね。

Fantas Fundingの公式サイトはこちら⇒

Fantas Fundingの7つの特徴を一挙解説!

Fantas Fundingには様々な特徴がありますが、どんな特徴なのか理解するためにも以下の情報をチェックしておきましょう。

  • 特徴
  • 募集頻度
  • 過去の募集件数
  • 最低投資額と優先劣後比率
  • 直近の平均募集額
  • 直近の募集達成率
  • 平均運用期間

以上の情報を知っておくことで、Fantas Fundingに投資するかどうかじっくりと考えることができます。

それでは、Fantas Fundingの7つの特徴について解説しましょう。

Fantas Fundingのファンドの特徴

Fantas Fundingで取り扱っているファンドは、基本的にマンションタイプの物件を取り扱っており、自然が豊かな丘陵地や駅近などの物件が多いです。

基本的にキャピタル重視型のファンドとなっていて、ファンドによっては口数上限が設けられていることもあります、

Fantas Fundingのファンドの募集頻度

Fantas Fundingのファンドの募集頻度は、月に5回~6回です。

サービスを開始して以来、月にいくつものファンドを募集しているので積極的に投資できるのが大きな特徴だと言えるでしょう。

Fantas Fundingのファンドの過去の募集件数

Fantas Fundingのこれまでの累計ファンド数は、163件です。

毎月のように数件以上募集を行っているため、積極的に投資したい投資家におすすめです。

募集がない月もありますが、基本的に初心者でもチャンスがあると言えるでしょう。

Fantas Fundingの最低投資額と優先劣後比率

Fantas Fundingの最低投資額は、1万円からです。

優先劣後比率は、優先80%、劣後20%となっています。

最低投資額が1万円からなので初心者でも手軽に投資ができるのが大きなポイントです。

優先劣後比率は平均的で、20%以内であれば優先出資元本に影響はありません。

万が一の時でも投資家の利益が優先されるので安心して投資できるでしょう。

Fantas Fundingのファンドの直近の平均募集額

Fantas Fundingのファンドの直近の平均募集額は、23,872,000円となっています。

平均募集額は他の不動産クラウドファンディングと比べると低めではありますが、低い分だけすぐに募集が終了してしまう傾向にあります。

月に募集される件数はやや多いですが、クリック合戦は免れないでしょう。

Fantas Fundingのファンドの直近の募集達成率

Fantas Fundingのファンドの直近の募集達成率は、100%となっています。

募集されるファンドは基本的に100%となっているため、それだけ期待値が高いファンドが募集されていると言えます。

他の不動産クラウドファンディングにはない、Fantas Fundingのファンドでしか見られない魅力があるので、募集する価値は十分にあるでしょう。

Fantas Fundingのファンドの平均運用期間

Fantas Fundingのファンドの直近の平均運用期間は、6ヶ月となっています。

比較的短期間の運用期間が設定されているファンドが多いため、短期間だけ運用したい人におすすめです。

Fantas Fundingの公式サイトはこちら⇒

Fantas Fundingに投資する前に!リスク・デメリットについても解説

Fantas Fundingの不動産クラウドファンディングのリスクやデメリットは、早期償還の可能性があること、先着順なのでなかなか投資できないケースが頻発しやすいことです。

Fantas Fundingは万が一に早期償還が行われるリスクがあります。

早期償還が行われれば当初想定していた配当金が少なくなってしまうので十分に注意する必要性がありますが、投資対象の不動産が売却できなかった時はFantas Fundingが買い取ったり、期間を延長したりする対策が行われます。

また、平均募集額が低く、先着順ということであっという間に募集が終了してしまうのがデメリットです。

中には抽選式になっているファンドもありますが、基本的に先着順になっているのでクリック合戦に勝たないと申し込めないケースがあるでしょう。

Fantas Fundingの会員登録の方法をステップでわかりやすく解説

Fantas Fundingに会員登録する手順は、以下の通りです。

  1. Fantas Fundingにアクセスする
  2. 会員登録ページから必要事項を入力して会員登録する
  3. 再度Fantas Fundingにログインして会員情報の変更を行う
  4. 出資応募に必要な氏名、電話番号、住所などを初めとする情報を入力する
  5. 本人確認書類をアップロードして送信する
  6. 審査開始
  7. 審査に通過後、Fantas Fundingから登録した住所にハガキが届く
  8. 口座開設が完了する

以上の手順で会員登録から出資応募までできるようになります。

本人確認書類について画像をアップロードすることになるので、本人確認書類の表と裏を撮影してアップロードしましょう。

Fantas Fundingの公式サイトはこちら⇒

Fantas Fundingの運営会社「FANTAS technology株式会社」の会社情報

Fantas Fundingの会社情報は、以下の通りです。

会社名

FANTAS technology 株式会社

設立日

2010年2月22日

所在地

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿4-3-8 KDX恵比寿ビル5F

連絡先

03-5424-1808

資本金

1億円

役員構成

代表取締役 國師康平

2010年に設立してから10年以上運営しており、163件ものファンドを募集しているので積極的に活動していると言えるでしょう。

多くの投資家にとって積極的にファンドを募集してくれるのはまとまった利益を出したい人におすすめですし、運用期間が長くてもその分の利益が得られるでしょう。

未上場企業ではありますが、他の不動産クラウドファンディングと差別化が図れている点も評価できます。

Fantas Fundingは空き家再生ファンドを推進しており、コロナ禍の状況に合わせて完全オンライン化で映像を通して実際の物件を見学することが可能です。

まるで自分で内見しているような気分になれるので、どの物件に投資しようか迷っている時の決め手になるでしょう。

そういった意味でも、安心して投資できる不動産クラウドファンディングだと言えます。

まとめ

Fantas Fundingは様々な不動産クラウドファンディングの中でも空き家再生ファンドを取り扱う特殊な不動産クラウドファンディングとなっています。

募集件数も多く、最低投資額が1万円と低いので初心者でも応募できるのが大きなポイントです。

ただ、その分募集が終了するのが早いため、応募したい時は定期的にチェックした上でいかに素早く申し込めるかどうかが鍵となっています。

魅力的なファンドだからこそ多くの投資家が注目しているため、新情報を逃さないようにチェックしましょう。

Fantas Fundingの公式サイトはこちら⇒