ファクタリングは、近年多くの企業が利用している資金調達方法です。

資金調達といえば、銀行融資やカードローンが一般的ですが、業績悪化などが理由で、銀行融資やカードローンの融資を受けられない企業も多いでしょう。

ファクタリングは、取引先の売掛債権を利用する資金調達方法になりますので、自社の経営状況が芳しくなくても利用できる可能性があります。

また、即日で資金調達できる可能性があるなど非常に使い勝手が良いことも特徴です。

しかし、ファクタリングは便利な資金調達方法である一方、手数料が不明確な資金調達方法であるとも言われています。

そこで今回は、ファクタリングを利用する際の手数料にフォーカスして説明します。

わかりやすく説明しますのでぜひ参考にしてください。

ファクタリングって何?

改めて、ファクタリングとは売掛金などの売掛債権を利用して資金を調達する方法です。

通常の銀行融資やカードローンの場合、お金を借りる会社の信用力が重要になりますが、ファクタリングの場合は、売掛金などの売掛債権を発行した会社の信用力が重要になります。

つまり、お金を借りる会社から見ると、自社の信用力が低くても、資金調達できる方法のため、経営状況が悪くても資金調達できる可能性がある資金調達方法です。

また、ファクタリングは、銀行融資などに比べて資金を手にするまでのスピードが速い資金調達方法になります。

特に中小企業等を経営していると、急にお金が必要になることもあるでしょう。

そんな時、ファクタリングは最短即日で資金調達できますので非常にありがたい資金調達方法になります。

ファクタリングのメリット3選

ファクタリングには様々なメリットがありますが、ファクタリングの主なメリットは3つです。

  • 即日利用できる可能性がある
  • 自社の信用情報が悪くても利用できる
  • 信用情報に影響がない

ファクタリングのそれぞれのメリットについてわかりやすく説明していきます。

ファクタリングのメリット1.即日利用できる可能性がある

ファクタリングは利用する業者によっては、即日で資金を手にすることができます。

銀行融資の場合、取引先であってもなかなか即日で融資をしてくれる銀行は少ないでしょう。

ファクタリングの場合、一般的に即日利用できない場合でも、1営業日から3営業日程度で資金を手にすることができます。

スピーディーに資金を手にすることができることは、ファクタリングの大きなメリットといえるでしょう。

ファクタリングのメリット2.自社の信用情報が悪くても利用できる

ファクタリングの審査で重要視されるのは、売掛金を発行している取引先の信用状況です。

仮にファクタリングを利用した会社が倒産してしまっても、売掛金を発行した取引先が健全であればファクタリング業者は資金を回収することができます。

銀行融資の場合、自社の信用状況が悪いと、まず間違いなく融資は下りません。

自社の信用状況が悪くても資金調達できることはファクタリングの大きなメリットといえるでしょう。

ファクタリングのメリット3.信用情報に影響がない

ファクタリングは、融資ではありません。

融資ではないので信用状況に影響することがないのです。

カードローンやキャッシングを利用するとその履歴は信用情報機関に載ることになり、金融機関同士で共有されることになります。

あまりにも借り入れ件数や金額が多いと、銀行や消費者金融は今後お金を貸してくれなくなるのが一般的です。

しかし、ファクタリングの場合は、融資ではないので信用情報に影響することはありません。

今後、融資を受ける際に影響がないのはファクタリングの大きなメリットといえるでしょう。

ファクタリングのデメリット2選

メリットの多いファクタリングですが、当然デメリットもあります。

ファクタリングの主なデメリットは2つです。

  • 手数料が高い
  • 一度利用すると抜け出せなくなる

ファクタリングのそれぞれのデメリットについてわかりやすく説明していきます。

ファクタリングのデメリット1.手数料が高い

現在の低金利の環境下で考えると、銀行融資の金利はどんなに高くても10%いくことはないでしょう。

しかし、ファクタリングの手数料は非常に高額です。

ファクタリングには2種類あります。

ファクタリングは、取引先にファクタリングを利用した事実が知られてしまう3社間ファクタリングと取引先にファクタリングを利用したことを知られない2社間ファクタリングに分かれます。

取引先にファクタリングを利用したことを知られない2社間ファクタリングの場合、手数料は10%以上かかることが一般的です。

このように、ファクタリングは便利ですが手数料が非常に高いことがデメリットといえるでしょう。

ファクタリングのデメリット2.一度利用をすると抜け出せなくなる

ファクタリングは、素早く資金調達することができ、かつ審査も比較的通りやすい傾向にあります。

ファクタリングは、高い利便性があるので、急遽、資金が必要になってしまったときには非常に有益な資金調達方法といえるでしょう。

しかし、ファクタリングは一度利用するとなかなか抜け出せなくなる傾向にあります。

なぜなら、ファクタリングを利用するということは、資金の前借りを行うことになります。

ファクタリングを利用した月に関しては良いですが、翌月入金予定であった売掛金の入金はなくなってしまうことになります。

売掛金の入金が全くない時は非常に苦しくなるでしょう。

結局またファクタリングを利用して資金手当をする経営者は非常に多いのです。

このように、一度ファクタリングを利用するとなかなか抜け出せなくなってしまうデメリットがあります。

ファクタリングの種類を4つ紹介

主なファクタリングは、以下の4種類です。

  • 一括ファクタリング
  • 医療ファクタリング
  • 国際ファクタリング
  • 保証ファクタリング

4種類のファクタリングについて詳しく説明します。

一括ファクタリング

一括ファクタリングは、最も一般的なファクタリングになります。

通常、ファクタリングというと、この一括ファクタリングのことを指します。

ファクタリングを利用する会社は、取引先の売掛債権をファクタリング利用会社に提供し資金を調達する方法です。

一括ファクタリングには、主に3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの2つの種類があります。

3社間ファクタリングとは、ファクタリング会社とファクタリングを利用する会社、ファクタリングに利用する売掛債権を発行した取引先の3社間で行われるファクタリングです。

ファクタリング会社は、売掛債権を発行した取引先から直接資金を回収するため、次に説明する2社間ファクタリングよりもリスクが低くなります。

当然、ファクタリング会社から見てリスクが低いため、手数料もファクタリングの中では低い傾向にあるのが特徴です。

ただし、ファクタリングを利用した事実を取引先に知られるのがデメリットになります。

一方、2社間ファクタリングとは、ファクタリング会社とファクタリングを利用する会社の2つの会社の間で行われるファクタリングです。

ファクタリング会社は、売掛債権が、ファクタリング利用会社に入金になった時点で資金を回収します。

一旦、ファクタリングを利用した会社にお金が入金になるので、ファクタリング会社から見ると3社間ファクタリングに比べリスクが高いファクタリングです。

なぜなら、入金になった瞬間にファクタリングを利用した会社が夜逃げなどをする可能性があるからです。

このように、3社間ファクタリングよりリスクが高いことから、2社間ファクタリングは手数料が高い傾向にあります。

しかし、ファクタリングを利用した事実が売掛金を利用した取引先に知られることがないのが2社間ファクタリングのメリットです。

なぜなら、ほとんどの会社は、自分の会社の売掛債権が、ファクタリングに利用されるのを嫌がるからになります。

また、ファクタリングを利用するということは、基本的には、銀行融資などが難しい状況の会社が多いです。

銀行融資を受けられないほど経営状況が悪化していると一般的には考えられますので、ファクタリングを利用した事実がわかってしまうと、今後の取引に大きな影響与える可能性があります。

手数料は、3社間ファクタリングよりも高くなりますが取引先にファクタリングを利用した事実を知られないことは大きなメリットになるのです。

医療ファクタリング

医療ファクタリングとは、

  • 病院
  • クリニック
  • 調剤薬局
  • 介護サービス事業会社

が利用するファクタリングです。

仕組みは、一般的な3社間ファクタリングと同じです。

医療ファクタリングの大きな特徴は、通常のファクタリングに比べて手数料が非常に安いことです。

  • 一般的な3社間ファクタリングの手数料:2%~
  • 医療ファクタリングの手数料:25%

医療ファクタリングの手数料が低い理由は、売掛金の請求相手の信用力が非常に高いことです。

医療ファクタリングで利用される債権は、医療報酬債権といいます。

医療報酬債権の請求先は、国保や社保といった国の機関になるので、貸し倒れのリスクがほぼありません。

そのため医療ファクタリングの手数料は一般のファクタリングに比べて低いのです。

国際ファクタリング

国際ファクタリングとは、海外の業者と行うファクタリングのことです。

輸出代金の回収を確実に行うために採用される取引になります。

通常、輸出代金の回収は、銀行から発行される保証状を利用して回収する方法が一般的です。

しかし、従来の方法の場合、費用がかさんだり、手続きが煩雑であったりするデメリットがありました。

そこで登場したのが国際ファクタリングです。

国際ファクタリングでは、

  • 国内ファクタリング会社
  • 海外ファクタリング会社
  • 輸出業者(国内)
  • 輸入業者(海外)

以上の4社が登場します。

輸出業者は、国内ファクタリング業者に国際ファクタリングの依頼をします。

国内ファクタリング会社は、国際ファクタリング会社に輸入業者の調査を依頼し、調査の結果問題がなければファクタリングを実行するというのが一般的な国際ファクタリングの流れです。

保証ファクタリング

保証ファクタリングは、ファクタリング会社が未回収の売掛金について、保証限度額を上限として保証してくれるファクタリングです。

中小企業の売掛金は大企業の売掛金に比べ、貸し倒れするリスクが高い傾向にあります。

せっかく売上をあげても売掛金の回収ができなければ利益を得ることはできません。

利益が得られないどころか、売掛先が倒産してしまうと大きな損失を負います。

保証ファクタリングを利用することによって、手数料はかかりますが、売掛先の貸し倒れという大きなリスクを排除することができるのです。

ファクタリングの手数料の目安とは

ファクタリングは、銀行融資に比べて、資金調達までのスピードが速いなど様々なメリットがありますが、銀行融資やカードローンなどに比べ手数料が高いのが一般的です。

また、ファクタリングは、業者によって大きく手数料が異なりますので、注意しなければなりません。

特に、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは手数料の相場が大きく異なりますのでしっかり把握するようにしましょう。

3社間ファクタリングの手数料の目安

3社間ファクタリングの手数料相場は以下の通りです。

  • 2%~9%前後

3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングに比べ、回収のリスクが低いため、2社間ファクタリングより手数料が低くなるのが一般的になります。

しかし、手数料が低いといっても、上記の通り、銀行融資やカードローンに比べて、かなり高い手数料になりますので注意してください。

2社間ファクタリングの手数料の目安

2社間ファクタリングの手数料相場は以下の通りです。

  • 10%~20%前後

2社間ファクタリングは、ファクタリングを利用した会社から資金を回収しなければならないため、3社間ファクタリングよりも手数料が高い傾向にあります。

あくまで目安ですが、10%以上の手数料がかかるのが一般的のようです。

銀行融資やカードローンの金利に比べはるかに高く、3社間ファクタリングと比べてもかなり手数料が高くなりますので、2社間ファクタリングを利用する際は注意してください。

ファクタリングの手数料の内訳

ファクタリングの手数料の内訳は、ファクタリング会社によって異なりますが、一番のポイントは、売掛債権の信用力でしょう。

売掛債権の信用力が高ければ、手数料は安くなる傾向にあります。

ファクタリングの手数料の大部分は、貸倒に備える費用と考えて良いのではないでしょう。

手数料以外の費用

ファクタリングを利用する際は、手数料以外に様々な費用がかかります。

ファクタリングにかかる費用についてまとめましたので参考にしてください。

  • 契約事務手数料:20,000円~
  • 審査費用・未回収に備えるリスク:審査状況による
  • 債権譲渡登記費用:50,000円
  • 収入印紙代:200円~
  • 司法書士への報酬:50,000円

手数料の消費税

ファクタリングの利用には、基本的に消費税はかかりません。

ファクタリングの中身は、売掛債権の売買になります。

売掛債権などの金銭債権に対して消費税はかからないことになっているので、ファクタリングには基本的に消費税がかからないと思って良いでしょう。

種類別の手数料相場

先ほど、ファクタリングの主な種類について説明しましたが、種類別の手数料相場についてまとめました。

  • 一括ファクタリング(2社間ファクタリング)の手数料相場:10%~20%前後
  • 一括ファクタリング(3社間ファクタリング)の手数料相場:2%~9%前後
  • 医療ファクタリング:1%~9%前後
  • 国際ファクタリング:1%~2%前後
  • 保証ファクタリング:2%~15%前後

ファクタリング会社によって手数料は大きく異なってきますので、あくまで利用する際の目安にしていただければ幸いです。

手数料の上限値と注意点

ファクタリングは、貸金ではないので基本的には手数料の上限はありません。

ただし、場合によっては貸金とみなされる可能性がありますので、正当な業者に関しては利息制限法の上限金利に準じている傾向にあります。

利息制限法の上限金利は以下の通りです。

  • 10万円未満…年20%
  • 10万円以上100万円未満…年18%
  • 100万円以上…年15%

利息制限法の対象にファクタリングはならないと考えるのが一般的ですが、利息制限法以上の手数料を取る業者については注意が必要でしょう。

手数料が安いおすすめのファクタリング会社を3社紹介!

この章では手数料が安いおすすめのファクタリング会社、

  • QuQuMo(ククモ )
  • ベストファクター(BestFactor)
  • GMOペイメント

の3社を紹介します。

どの業者も間違いなくおすすめできる業者になりますのでぜひ利用する際の参考にしてください。

おすすめのファクタリング会社1.QuQuMo(ククモ )

QuQuMo(ククモ )は、最短2時間で入金になる業者です。

審査も非常に速く、ファクタリングの利用を検討する際は、まずはQuQuMo(ククモ )の利用を検討しましょう。

調達可能額上限・下限なし
手数料1〜14.8%
入金スピード最短2時間
償還請求権なし
手続き方法オンライン
運営会社株式会社アクティブサポート

QuQuMo(ククモ )の公式サイトはこちら⇒

おすすめのファクタリング会社2.ベストファクター(BestFactor)

ベストファクター(BestFactor)は最短即日資金調達ができるファクタリング業者です。

審査基準も柔軟で平均買取率は92.2%ほどになります。

オンラインだけでなく対面での申込も可能です。

調達可能額30万〜1億円
手数料2〜20%
入金スピード最短即日
償還請求権なし
手続き方法オンライン・対面
運営会社株式会社アレシア

ベストファクター(BestFactor)の公式サイトはこちら⇒

おすすめのファクタリング会社3.GMOペイメント

GMOペイメントは、東京証券取引所一部上場企業です。

東証一部企業だけあって信用力は抜群になります。

2社間ファクタリング、3社間ファクタリングの取り扱いもあり、申込はインターネットで行うことが可能です。

ただし、企業間取引のある法人のみが対象で個人事業主は対象外なので注意してください。

調達可能額100万円〜1億円
手数料2〜10%
入金スピード最短4日
償還請求権なし
手続き方法オンライン
運営会社GMOペイメントゲートウェイ株式会社

ファクタリングの手数料を安くする方法

ファクタリングの手数料を決めるポイントは様々ですが主なポイントは4つに集約されます。

  • 売掛先の信用力
  • 利用するファクタリング会社の利用回数
  • 売掛金額
  • 自社の信用力(2社間ファクタリングの場合)

ファクタリングの手数料を決めるポイントについてわかりやすく説明します。

売掛先の信用力

ファクタリングにおいて売掛先の信用力は最も重要な要素になります。

売掛先の信用力が高ければ、ファクタリング会社は資金の回収を確実に行うことができるからです。

当然、貸倒れる可能性が低ければ、手数料は安くなります。

ファクタリングの手数料を安くしたいのであれば、信用力の高い取引先の売掛債権を利用するようにしましょう。

利用するファクタリング会社の利用回数

ファクタリングの手数料を安くするためにはファクタリングを利用する会社の利用回数も重要です。

利用回数が多ければ多いほど、しっかりとした返済を行っている証拠になりますので、手数料が安くなる傾向にあります。

手数料を安くしたいのであれば同じファクタリング会社を繰り返し使うのが良いかもしれません。

ただし、最近は、ファクタリングの手数料が安い新しい会社も出てきていますので、常にファクタリング会社についてはしっかりチェックするようにしましょう。

手数料の安いおすすめのファクタリング会社は先ほど紹介した通りになりますのでそちらも参考にしてください。

売掛金額

売掛金額もファクタリングの手数料を決める非常に重要な項目になります。

なぜなら、売掛金額が高ければ高いほど回収のリスクが高くなるからです。

金額が小さいと回収のリスクは低くなります。ファクタリングを利用する際は売掛金額についてもしっかり注意するようにしましょう。

自社の信用力(2社間ファクタリングの場合)

特に2社間ファクタリングの場合、自社の信用力も手数料を決める重要なポイントになります。

なぜなら、2社間ファクタリングの場合、売掛債権の資金が一旦、ファクタリングを利用する会社に入るからです。

もし、信用力が低い会社の場合、入金されたお金を、ファクタリング業者に返さず持ち逃げしてしまうかもしれません。

3社間ファクタリングの場合は、直接売掛先から回収できますので、自社の信用力はあまり重要視されませんが、2社間ファクタリングの場合は、自社の信用力も手数料を決める重要な要素になることはしっかり覚えておきましょう。

まとめ

今回は、ファクタリングの手数料について説明しました。

ファクタリングの手数料は、ファクタリング業者によってまちまちな傾向にありますが、ファクタリングの手数料が安い業者は存在します。

また、ファクタリングの手数料には目安がありますので利用する際の参考にするようにしましょう。

今回の記事がファクタリングの手数料の理解を深めるきっかけになれば幸いです。